家庭教師を初めて務めるなら不平等には注意しましょう

家庭教師を初めてするにあたって、教師も生徒も緊張すると考えられます。家庭教師がまず準備をすることは、生徒に教えるための基本的な学力のほか、なにをどのように教えていくか分かりやすい計画やプランと生徒個人とのコミュニケーション能力です。家庭教師も生徒も人間ですのでどうしても複数かけ持つ場合は相性のいい生徒、悪い生徒というのが出てくる可能性が高くなります。また、生徒側にもそうした相性といったものを感じられることがあると言えるでしょう。不平等にならないために、家庭教師は生徒個人にあわせてまんべんなく準備をしておくことが大切となります。また、会社などで定める基準があればそれになるべく従いましょう。初めてですとどうしても不安があると思いますが、まずは優しくコミュニケーションをとっていくといいと考えられます。また、なるべく生徒を傷つけないように教えていくことが望ましいと言えるでしょう。生徒は一般的には傷つきやすい年齢の子供を教えていくことになりますので、年齢なども考慮し、言葉を選ぶことも重要となります。そのため、語彙力も大切となってきますので、知識や語彙力はたくさん身につけておくことをおすすめします。コミュニケーションをとっていくうちにその子の得意分野や不得意分野がわかってくるはずですので、どこを伸ばすかを考えていくことも大切となります。もちろん学力の高い生徒には一定以上の学力が必要となりますが、生徒を伸ばしていく点を考えていくと具体性を指摘していくことが重要となりますので、生徒の課題点を発見し、分かりやすい解説をしていくといった技術も必要となります。家庭教師には生徒の成績の向上を促すという責任があるほか生徒が勉強に対して興味や関心を持つように努力をしていくことも大切です。時には生徒側から先生を変えてほしいといったこともあるかもしれませんが、教師側はなるべく不平等にならないように努めることが必要です。ある程度の学力と幅広い知識、コミュニケーション能力が必要とされる仕事ですが、生徒や親御さんと相談をすれば予定の調整に融通がきくことが多かったり、生徒の成績が向上したり志望校に合格をすればやりがいや達成感、喜びといった感情も大きくなります。大抵の場合、生徒とは長く付き合っていくことになるため、初めての時はなるべく自然体で生徒と接するようにしていくことでその後の関係も良好に築いていけると考えられます。

関連記事